仏壇のことわかりやすく解説しています。
仏壇 ガイド

仏教の行事

盂蘭盆会(うらぼんえ)/7月、8月

 「お盆」は「盂蘭盆会」(うらぼんえ)という言葉が略されてできた言葉です。語源はインドのサンスクリット語のUllanbana=iウランバナ)で、中国に伝わった時に「盂蘭盆」という漢字に音写され、後の日本では、略して「お盆」と言われるようになったということです。ただ近年では、古代イランの言葉で「霊魂」を意味する「ウルヴァン」(urvan)が語源だとする説も有力となっています。「お盆」は、ご先祖の魂をご供養するところから「御霊まつり」とも言います。

Ullanbana≠ニは、倒懸苦(逆さ吊しの苦しみ)という意味です。死者が逆さ吊りにされるような大変な苦しみを受けているのを、仏・法・僧の三宝に供養して、その苦から救うことでした。
これは『盂蘭盆会経』に説かれる、お釈迦様の高弟のひとり目連尊者の亡母が、餓鬼道に堕ちて苦しんでいるのを、三宝に供養して救ったという伝説によるものです。現在は、先祖の霊が帰ってくるという日本古来の言い伝えと結びついたもので、先祖を供養する行事となってきました。

オリジナル仏壇

お客様のニーズに合わせて、サイズ、材質などを組み合わせ、オリジナル仏壇を製作できます。

仏壇のネットショップ

自宅にいながら、便利なネットショップからお仏壇の購入可能です。
ぜひ一度は見に来てください。