仏壇のことわかりやすく解説しています。
仏壇 ガイド

仏教の行事

彼岸会(ひがんえ)/(春)3月、(秋)9月

 春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた7日間に営まれる仏事のこと。暦の上では最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」という、また地方によっては「はしりくち」と呼ぶところもある。俗に、中日に先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目、六波羅蜜を1日に1つずつ修めるためといわれる。

そもそも「彼岸」という言葉は、インドの言葉、パーラミター(Paramita・波羅蜜多)の漢訳で、正しくは「到彼岸」といい、私たちの世界から見て彼の岸、向こう側の岸をさします。つまり迷いの現実界から、理想の世界、悟りの世界へ到ること「到彼岸」が、元来の意味なのです。真西に太陽が沈む頃、西方にある阿弥陀仏のお覚りの世界である極楽浄土を思い、その極楽に生まれる教えの説かれる『仏説観無量寿経』が由来です。
1年に2度、昼と夜の時間が同じになるこのときに、普段の生活を反省して、仏教の教えに逢う機会とするものです。
お仏壇には「牡丹餅」や「お萩」などをお供えします。また、お彼岸には必ずお寺やお墓をお参りする風習が全国的に行われています。

オリジナル仏壇

お客様のニーズに合わせて、サイズ、材質などを組み合わせ、オリジナル仏壇を製作できます。

仏壇のネットショップ

自宅にいながら、便利なネットショップからお仏壇の購入可能です。
ぜひ一度は見に来てください。