仏壇のことわかりやすく解説しています。
仏壇 ガイド

各宗派の仏壇とおかざり

浄土真宗本願寺派

【おかざり】ご本尊の前に上卓(うわじょく)に四具足(真中に香炉、奥に蝋燭立て、左右に華瓶一対。数にはいれませんが、お仏飯一対を香炉の両脇)を供えます。花瓶は、花挿しではありません。樒(しきみ)を挿します(なければ青葉)。
狭いお仏壇の場合は、上卓は略してお仏飯はご本尊の前に置きます。
仏壇中段の前卓(まえじょく)には、三具足(向かって右から蝋燭立て、香炉、花瓶)を配置します。花瓶には四季折々のお花を供えましょう。
餅や菓子、果物を供える供笥(くげ)、高杯は、前卓の左右に置きます。下段にはリンや撥(ばち)、他に和讃箱・御文章箱などがあれば置きます。
通常は線香を焚く土香炉(どこうろ)を使用し、仏事の時は蓋のついた金香炉(かなごうろ)に火種を入れ、沈香や白檀などをくべます。また、お盆・お彼岸などの特別な時は、上卓や前卓に打敷(うちしき)という三角形の布を敷きます。白か銀色で、慶事の時は、金襴を使います。

オリジナル仏壇

お客様のニーズに合わせて、サイズ、材質などを組み合わせ、オリジナル仏壇を製作できます。

仏壇のネットショップ

自宅にいながら、便利なネットショップからお仏壇の購入可能です。
ぜひ一度は見に来てください。