仏壇のことわかりやすく解説しています。
仏壇 ガイド

各宗派の仏壇とおかざり

浄土真宗

【ご本尊】仏壇中央に六字名号「南無阿弥陀仏」、または阿弥陀如来の立像か御絵像になります。ご本尊左右の脇掛は、右に十字名号「帰命尽十方無碍光如来」、左に九字名号「南無不可思議光如来」。西・東の場合は、右に見真大師(けんしんだいし)・親鸞聖人、左は慧燈大師・蓮如上人の掛軸を安置します。

【おかざり】浄土真宗では、生臭ものやお茶、お酒を習慣として供えません。御霊膳の習慣がありません。もし供えるなら、お仏壇にではなく、その前に机などを用意して置きます。浄土真宗は、西、東、仏光寺派、高田派などで飾り、飾り方も違ってきます。例えば仏具の土香炉は、青磁で透かしの入ったものが東、九谷焼のようにつるつるしたものが西になります。
ご先祖は親様(阿弥陀如来)の懐に憩っておられ。という理由から、お仏壇の中に位牌を祀りません。

オリジナル仏壇

お客様のニーズに合わせて、サイズ、材質などを組み合わせ、オリジナル仏壇を製作できます。

仏壇のネットショップ

自宅にいながら、便利なネットショップからお仏壇の購入可能です。
ぜひ一度は見に来てください。