仏壇のことわかりやすく解説しています。
仏壇 ガイド

仏壇の祀り方

戒名と法名

 戒名とは、生前(生前戒名)に仏弟子になるために出家・受戒し仏門に入った者が名乗る名前で、法名とは、浄土真宗において用いられ、仏門に帰依(きえ)し仏弟子として生きていく事を誓い、俗名を改め授かる名です。また、日蓮宗系(日蓮正宗を除く)では、法号(ほうごう)と呼びます。
 生前にいただかなかった人は、亡くなってから、お寺さんで戒名をいただきます。本来、法名・戒名は生前、死後にかかわらず、与えられるものです。しかし今日では、主に亡くなってからいただくのが一般的になってきました。
 浄土真宗系では、お位牌を用いないので、戒名は使わず、法名のみを用い、それは、「おかみそり」「帰敬式(ききょうしき)」で得ることができます。また院号(いんごう)というものもあり、これは、身分の高い人が仏門に入り、住居とした御殿をお寺に寄贈したことから始まり、今日ではとりわけ信心深かった人や、檀家総代などにおくられる戒名となっています。

【戒名の構成】宗派・故人の生前の地位・布施などにより様々なものがあります。
戒名・法名は二文字で表現される。これは、身分の高い低いに関係なく仏の世界が平等であることを現しています。位牌に書かれる戒名は、院号(いんごう)、道号(どうごう)、位号(いごう)などが戒名の上下に付随することがあります。その全てを戒名とする場合もあります。

例)○○院△△戒名□□   ○○は院号、△△は道号、□□は位号

院号:生前に信仰の深さや寺院、宗派に対して、或いは社会的に高い貢献をした人に付けられるもの。院号の上が、院殿号。逆に院号より下に軒号・庵号などがある。(律宗では用いない)本来は寺院を建てるほど貢献した人に与えられるものです。

道号:戒名の上に付けるもう一種の名で、号や字(あざな)に相当する、と言う説がある。真言宗・天台宗・浄土宗・臨済宗・曹洞宗・日蓮宗などで用いられ、律宗・浄土真宗(高田派を除く)では用いない。
道号は、阿号・誉号・釈号・日号ともいう。本来は仏道を証得した者が称するものですが、現在は一般の戒名として使われています。

「宗派による道号に用いられる文字」
・真言宗・天台宗...梵字
・浄土宗...譽(誉)
・浄土真宗...釋(釈)
・臨済宗・曹洞宗...空
・日蓮宗・日蓮正宗...日(男子)・妙(女子)

位号:戒名の下に付けられる居士(こじ)や大姉(だいし)という文字のことです。性別や年齢などにより異なり、かつては数え年で決めていたが現在は満年齢で決めるのが普通である。浄土真宗系では、位号は原則的に用いない。位号の代わりに法名の上に「釈」「釈尼」を付けるのが普通です。
位号は、院号と同様にその人の信仰の深さを尊んで付けるものです。

仏教信者として五戒や十善戒を保つ成年を指し、満十八歳以上で死亡した者に対して付けられるものとして男性では、大居士(だいこじ)、居士(こじ)、大禅定門(だいぜんじょうもん)、禅定門(ぜんじょうもん)、清信士(せいしんじ)、善士(ぜんじ)、信士(しんじ)、清浄士(せいじょうじ)などがあります。
成人の女性では、清大姉(せいだいし)、大姉(だいし)、大禅定尼(だいぜんじょうに)、禅定尼(ぜんじょうに)、清信女(せいしんにょ)、善女(ぜんにょ)、信女(しんにょ)、清浄女(せいじょうにょ)などがあります。
剃髪・得度をしていない未成年の男女を指し、満十八歳までに死亡した子供に対して付けられるものに、男子では、童子(どうし)、大童子(だいどうし)、禅童子(ぜんどうし)、清童子(せいどうし)がある。
女子では、童女(どうにょ)、大童女(だいどうにょ)、禅童女(ぜんどうにょ)、清童女(せいどうにょ)がある。
4、5才位の小さな子供に対しては、幼児(ようじ)、嬰児(えいじ)、孩児(がいじ)、幼女(ようにょ)、嬰女(えいにょ)、孩女(がいにょ)があります。
死産や乳児の頃に亡くなった場合は、水子(すいし あるいは すいじ)と読むが、最近は霊感商法の影響からか、「みずこ」と読むことが多い。

オリジナル仏壇

お客様のニーズに合わせて、サイズ、材質などを組み合わせ、オリジナル仏壇を製作できます。

仏壇のネットショップ

自宅にいながら、便利なネットショップからお仏壇の購入可能です。
ぜひ一度は見に来てください。