仏壇のことわかりやすく解説しています。
仏壇 ガイド

仏壇の祀り方

数珠について

 数珠(じゅず)は念珠(ねんじゅ)とも呼ばれます。ふだんお仏壇の前で祈る時や法事、お葬式、お墓参りなど、使用頻度の高い身近な仏具です。数珠をもって合掌すれば、仏様と心を通い合わせ、百八つの煩悩が消滅し功徳を得られるといわれています。まさに仏事にはかかせない必需品となります。数珠があれば、例え急なお通夜で平服であっても無礼にはあたりません。
 本来は、お参りする時や念仏を唱える時などに、その回数を数えるために使用するものです。また宗派によって形式が違います。
最近では、「腕輪念珠(腕珠)」と呼ばれるブレステット的な数珠も見られます。

【数珠の珠の数】基本は百八つですが、一般的に百八つだと長くなりすぎて持ちにくいなどから、半分の五十四個や三十六個、二十七個なども見られます。多いものでは千八十個の珠でできた大型の数珠で百万遍念珠と呼ばれ、百万遍念仏という仏事に用いられる。また最近では珠の数といった形式にとらわれない自由な個数、デザインのものもでていて、これを略式の数珠と言います。略式の数珠は、珠の種類や房の形などにとらわれず、どの宗派でも使えます。一般的に珠の大きいものを男性用、小さいものを女性用としています。
珠の数が百八つの正式なものを本連数珠とか、二輪(ふたわ)数珠とも呼び、珠の数が少ないものを片手数珠とか、一輪(ひとわ)数珠と呼びます。

【数珠の構成】
数珠は主玉(地玉とも呼びます)、点玉、親玉(母珠とも呼びます)、そして房などによって構成されています。地玉の場合、半分は菩薩業を行うことによる徳、半分は人が生まれながらに持っている徳をあらわしています。点玉は諸菩薩の徳を、親玉は阿弥陀如来の徳を意味します。なお、珠の数を数える時は主玉の数で数えます。

珠の形は大きく分けると、丸珠、みかん珠、平珠(そろばん珠)の3種類になります。

房にもいろいろな形があります。
菊房(梵天房とも言う)は、放射状に伸びた糸の先端を丸く切り揃えたもので、今でいうボンボンのような形です。頭付切房は、編み込んだ頭がついている撚房で、一般的に多く用いられています。紐房は、打紐をそのまま房としたもので、頭が組み紐になっているものもあります。

【数珠の素材】珠の素材は、大きく分けると、「木」と「石」があります。
木の素材としては、黒檀(こくたん)、紫檀(したん)、鉄刀木(たがやさん)、白檀(びゃくだん)、伽羅(きゃら)つげ、梅(うめ)、沈香(ぢんこう)などがあります。
木の実には、星月菩提樹(せいげつぼだいじゅ)、金剛菩提樹(こんごうぼだいじゅ)などがあります。中で最も尊いとされているのは菩薩樹の実です。お釈迦様が菩提樹の下で悟りを開かれたところから、この実で作った数珠が最も価値あるものとされています。
石の素材としては、水晶、瑪瑙(メノウ)、翡翠(ヒスイ)、オニキスなどがあります。変わった素材として、サンゴ、琥珀(こはく)、象牙、真珠などがあります。石の中では、特に水晶が代表的で、仏教で言う七宝(古い文献には七宝が良いとされる)のひとつに数えられています。弘法大師が師匠の恵果阿闍梨(けいかあじゃり)から伝授された数珠も水晶であり、経典にも「あらゆる報障を除滅し、一切の悪業染着すること能わず」と説かれています。水晶の中で高級とされているものに金線入り水晶(ルチルクォーツ)というのがあります。
房の素材は、正絹、人絹、ポリエステルなどがあります。価格にも差がでてきます。

【宗派による数珠】細かく決められていることもあり、ここでは一般的な説明とさせて頂きます。
天台宗:主珠を108珠・親珠を1珠・四天珠を4珠を用いる。親珠の下の房の結び目には、「浄名」と呼ばれる小珠が一珠付く。浄名の下には2本の房が付く。房には弟子珠が付く。弟子珠の形は、片方の房は丸珠が10珠。もう片方には、平珠が20珠と特徴がある。それぞれの弟子珠の先に「つゆ」と呼ばれる涙型の珠が付く。 天台宗の数珠の特徴として、主珠に平珠(そろばん珠)と呼ばれる扁平の珠が用いられている。

真言宗:主珠を108珠・親珠を2珠・四天珠を4珠を用いる。四天珠に近い側の親珠に付く房の結び目にのみ、「浄名」が一珠付く。 2つの親珠には、房が2本ずつ付いて計4本になる。各房に弟子珠が5珠と「つゆ」が1珠付く。(弟子珠・計20珠、つゆ・計4珠)

浄土宗・時宗:二つの数珠を交差させたような独特の形状を持つ。また男性用と女性用とで、主珠などの数に違いがある。二つの輪には、それぞれ親珠があるが、房を直接親珠に付けない。二つの輪のうち、片方の輪にのみ「副珠」と呼ばれる小粒の珠が、主珠と交互に入る。房は、副珠がある方の輪に金属製の二連の丸環を付け、その環に2房付けられる。房の結び目に「浄名」が1珠付く。房には「弟子珠」が付く。片側は丸珠の「弟子珠」が6珠。もう片方は、平珠の「弟子珠」が10珠付く。弟子珠の先に「つゆ」が一つずつ付く。これは「日課念珠」とも呼ばれている。

浄土真宗:浄土真宗の場合、念仏を唱える事が無いため、珠の数・材質ともに制限はない。形状にはこだわらないが、合掌礼拝の際に用いる法具として大切にする。本連念珠は「八寸門徒」と呼ばれる。形は、主珠・親珠の数、四天珠の配置は真言宗の数珠と同じ。房に特徴があり、数取りが出来ない様に本願寺第八世蓮如が考案したとされる独特な結び方「蓮如結び」を施す。四天珠がある側の親珠に付く房は、浄名が一つ、弟子珠は親珠から5珠目ずつの所で結ばれその先に5珠ずつ付く。弟子珠の先には、それぞれ「つゆ」が一つ付く。つまり弟子珠をX型に上に詰めて動かないようしてある。反対側の親珠に付く房は、結び目(蓮如結び)を付ける。その先には、弟子珠・「つゆ」を入れずに房を付ける。房の形は、頭付房をつける場合が多い。

臨済宗用:基本的には天台宗用の数珠と同じです。ただし、主珠の形は丸珠用い、親珠の下に「ぼさ」が付く。浄名・弟子珠は無い。

曹洞宗:真言宗の数珠と同じになります。 房は、四天珠のある側の親珠にのみ付く。房の形は臨済宗に准ずる。房の付く親珠の方が、付かない親珠より若干大きい。「ぼさ」も房のある親珠のみ付く。特徴としては「百八環金」と呼ばれる金属製の環が通してある。高級なものは「百八環金」に、銀を用いることもある。

日蓮宗:真言宗の数珠と同じ。 房に特徴があり、親珠から出る房の形が対称では無い。 四天珠がある側(右手の中指に掛ける側)の親珠〔浄名珠とも〕に付く房は2本で、浄名が一つ、弟子珠は親珠から5珠目ずつの所で結ばれその先に5珠ずつ付く。それぞれの弟子珠先には「つゆ」が付く。 四天珠が無い側(左手の中指に掛ける側)の親珠に付く房は3本で、親珠の下に結び目がある。3本の内の2本は、弟子珠がそれぞれ5珠ずつ付き、「つゆ」もそれぞれに付く。残りの一本は、「数取」と呼ばれ、他の2本より長さが短く、弟子珠が10珠付く。『数取』には「つゆ」が付かない。なお、日蓮宗の場合、在家信者も必ず本式念珠を用い略式念珠は使わない。

オリジナル仏壇

お客様のニーズに合わせて、サイズ、材質などを組み合わせ、オリジナル仏壇を製作できます。

仏壇のネットショップ

自宅にいながら、便利なネットショップからお仏壇の購入可能です。
ぜひ一度は見に来てください。