仏壇のことわかりやすく解説しています。
仏壇 ガイド

仏壇の祀り方

お供え物について

 お供え物について:お供えの方法は宗派によって違いがありますが、一般的に「香」「花」「灯燭(とうしょく)」「浄水」「飲食(おんじき)」の五つを言い五供(ごくう)と呼びます。そして、数珠を手に、合掌礼拝する日々のお勤め、五供養を行いましょう。

 よく、供養する。と言いますが、供養の供は、花や蝋燭を供えること、そして人と共に、と書きます。私も人(亡くなった人々を含めて)も一緒に、という仏教の考えです。供養の養は、お仏飯や果物などを供えることです。

【香】インドでは塗香が使用されますが、日本では抹香や線香が主流です。香を焚くと部屋の隅々までゆきわたります。そうしたことから、すべての人々に差別なくゆきわたるお慈悲をあらわす、という意味がこめられています。また、香によって、わたしたちの心身を洗い清めるという意味もあります。

お寺に出かけた時に、寺院の大香炉から立ち昇る煙を身体や頭になでつけ、「健康でありますように」「頭がよくなりますように」と祈る光景を目にします。これは、香が薬として用いられた名残りと思われます。お仏壇は、心の香を薫(くん)じるところでもあります。心に仏を念じると、仏の香気が身に染まるのです。香は人の心を和ませてくれます。

【花】花を供えることを供花(くげ)と呼びます。供花は仏様にとって、もっともふさわしい供養とされます。花のような心で仏様の徳をたたえ、また花の美しさから浄土の風光を仰がせていただくのです。
お供えする花に特別きまりはありませんが、やはり見ていて綺麗で心の落ち着くものがよいでしょう。トゲがあったり、悪臭を放つもの、毒々しい色をしていたり有毒なものは、やはり避けましょう。しきたりとして、蔓(つる)に咲く花は用いません。
造花でもかまいませんが、出来れば新鮮な生花を供えたいものです。

花もまた仏様の慈悲をあらわしたものです。ですから、私たちから見て、美しく見えるように飾ります。お参りする人の眼を楽しませることが、仏様の喜びとなるのです。

【灯燭】火をつけ灯りをともし明るくします。これは、仏様のおいでになる場所を明るく照らす他に、暗い煩悩を消し去って、明るい悟りにいたる仏様の智慧の光をたたえる意味がこめられています。

昔は火打石で点けていましたが、現在はライターが多いようです。しかしマッチでという、こだわりをもった方もまだいらっしゃいます。マッチの場合は、点火後手のひらであおいで消します。ご存知の方も多いと思いますが、けっして口で吹き消してはいけません。マッチの燃えカスは「マッチのカス入れ」に入れて下さい。香炉に捨てることがないように注意しましょう。
以外に知られていないのが、ローソクの消し方です。マッチではしないのに、ローソクは吹いて消したり、手であおいで消したりという方が多いようです。消すときは、仏扇かローソク消しを使ってください。あるいは、香箸(こうばし)でローソクの芯をつまんで消します。

最近は電気式のものも多く見かけるようになりましたが、お灯明は明るくするだけのことではなく、浄火を燃やすという意味もありますから、出来るだけローソクを使いたいものです。便利だから、というだけでは真心を失うことになります。

【浄水】仏様の大清浄の徳をたたえ、私たちも仏様の清らかな心に心あらわれることを願うために捧げられます。茶湯器にいれ、香炉の奥の中央に置きます。浄水というように、清浄なところから汲み上げた水をしようするのが基本ですが、家庭ではそうもいきませんから、水道の水でもかまいません。尚、浄土真宗系ではお茶は供えません。

仏様や菩薩様に供える浄水や香水を盛るための器を閼伽(あか)と言います。

【飲食】通常は仏飯を供えます。しかし、故人の好物の他に、私たちが普段食べているものでもかまいません。ただ、命日やお正月、お盆、お彼岸などの大事な法要の時は、心をこめてつくったごちそうを供えましょう。

仏前に供えるご飯を仏飯あるいは香飯とも呼びます。お仏飯は私たちの生活に必要な衣食住、天地自然すべてを代表したものです。感謝の気持ちをこめながら、焚きたてのご飯をお供えして下さい。

オリジナル仏壇

お客様のニーズに合わせて、サイズ、材質などを組み合わせ、オリジナル仏壇を製作できます。

仏壇のネットショップ

自宅にいながら、便利なネットショップからお仏壇の購入可能です。
ぜひ一度は見に来てください。