仏壇のことわかりやすく解説しています。
仏壇 ガイド

仏壇の祀り方

位牌について

戒名とは: 位牌の表側に記される戒名は、仏の弟子になったことを表す名前のことです。本来は出家して仏門に入り、守らなければならない戒律を受け入れた弟子に与えられる名前です。
現在では、故人をたたえて仏弟子として浄土に往生するために、菩提寺の住職から故人に戒名をいただきます。菩提寺のない人は葬儀を取り仕切る僧侶にいただきます。
戒名はもともと二文字で構成されていました。それに院号、道号、位号などが加わり、一般には全体を戒名と称しています。浄土真宗では法名、日蓮宗では法号ともいいます。

位牌の安置場所: 忌明けの四十九日法要で開眼法要を営み、仏壇に安置します。仏壇のない家は四十九日法要までに仏壇・仏具の専門店で注文しておきましょう。
お仏壇の中心はご本尊なので、位牌は、一段低い(お位牌檀)位置の左右に安置します。向かって右側が上座なので、右側からご先祖の位牌を古い順に並べていきます。ご夫婦の場合は、夫の位牌を右側に、妻の位牌を左側に安置します。

位牌の準備: 位牌の表には戒名、亡くなった年月日、裏には俗名、行年(享年)を入れます。
本位牌もお仏壇と同じく四十九日法要までに、仏壇・仏具専門店に注文しておきます。位牌の文字入れには2週間位かかるので注意しましょう。
浄土真宗では位牌は原則として用いません。過去帳や法名軸が位牌の代わりとなりますが、実際には、浄土真宗の家でも位牌が祀られていることもあります。

位牌を注文する際、位牌の表側には、戒名、亡くなった年月日、裏には俗名、行年(享年)を入れますので、必要な情報を伝えます。
お入れする文字は、はっきりとした楷書や筆で書いたような行書などがあります。また文字の装飾に金文字や貝であしらったものなどがあるので選んでおきます。
大きさはお仏壇の大きさに合わせて選びますから、まず先にお仏壇の大きさを決めた方がいいでしょう。
一般的な目安として上置型仏壇の場合は、札丈4寸か4.5寸、台付型仏壇の場合は、札丈4.5寸か5寸の位牌を安置することが多いようです。

【戒名の注意点】
・戒名の旧字:戒名の文字は旧字(昔の漢字)が使われることがあります。白木の位牌の戒名の文字をそのまま正確に仏壇・仏具専門店に伝えることが重要です。電話ですと間違いを起こしやすいので、写真にして送るのがよいでしょう。

・戒名以外の文字(冠字・上文字・置字・梵字):本来の戒名の文字以外に、冠字や上文字、置字、梵字と呼ぶ文字が書かれている場合があります。宗派によって異なりますが、冠字は戒名の上にある「空」「妙法」「法名」などです。上文字は「新円寂」「新帰元」「遷化」などです。置字は戒名の下にある「霊位」「位」などです。梵字はそれぞれの宗派の本尊をあらわしています。
本位牌を作るときは、冠字や上文字、置字、梵字(ぼんじ)などは省いて戒名だけで記します。ただし真言宗だけは、戒名の上にある「ア字の梵字」と下の「位」を記入して大日如来の仏弟子となったことを表します。

・没年月日:亡くなった年月日を記します。白木の位牌の年月日の下に「没」「寂」などの文字が書かれている場合がありますが、一般には省きます。亡くなった日がすぐ分かるよう表側に入れるのが一般的ですが、裏側に入れる場合もあります。

・俗名:生前の名前を入れ、一般には名前の上に「俗名」と記します。白木の位牌の俗名の下に「事」などの文字が書かれている場合は一般には省きます。

・行年(享年):亡くなった時の年齢を入れます。満年齢と数え歳のどちらにするか決まりはありませんが、一般には白木の位牌に合わせて同じ年齢を入れます。
「行年」と「享年」、「才」と「歳」の文字はどちらも同じ意味なので、どちらを入れても構いませんが、白木の位牌や古い位牌を参考にして決めます。また、「行年」や「享年」の文字を入れない場合もあります。

位牌の種類: 大きく分けて、漆を塗り台や縁を金箔や金粉などで装飾た塗り位牌と、木目を活かし、黒檀や紫檀などでつくられた唐木位牌があります。
位牌の形は宗派に関係がないので、好みで選ぶことができますが、位牌は故人そのものと考えられているので、故人にふさわしいものを選ぶのがよいでしょう。
他には、先祖の位牌をまとめるために戒名を書く板(札板)が7〜8枚納まるようになっている箱形の位牌で、回出位牌(くりだしいはい)・繰り出し位牌というものがあります。この場合、一番前の札板に、家先祖代々之霊位という文字を入れることが多いようです。ちなみに故人ひとり(夫婦の場合はふたり)の独立した、私たちがよく目にする一般のものを札位牌と呼びます。

オリジナル仏壇

お客様のニーズに合わせて、サイズ、材質などを組み合わせ、オリジナル仏壇を製作できます。

仏壇のネットショップ

自宅にいながら、便利なネットショップからお仏壇の購入可能です。
ぜひ一度は見に来てください。