仏壇のことわかりやすく解説しています。
仏壇 ガイド

仏壇の購入について

適した安置場所

 お仏壇を祀る場所の通説として、「お仏壇の北向きはよくない」と言われる方や方角を大変気にする方がいらっしゃいますが、仏教から言うとまったく気にすることはありません。それは迷信からきていることで、仏教では迷信は存在しません。どちらに向いて置かれても大丈夫です。通常は部屋の入り口から見て正面がよいでしょう。

 お仏壇の設置場所は、お仏壇の耐久年数に影響される大事なことでもあります。適した場所、避けたい場所をご説明します。

 適した場所は、お仏壇を設置することを想定して作られた「お仏間」、そして「床の間」です。そして、もっとも気をつけなければいけないのが、湿気と直射日光です。窓が開けられて風通しのよいところがよいです。しかし窓の近く、直射日光のあたらないことを確認してください。

 当然、避けたい場所はジメジメとした湿気のある場所、直射日光が当たってしまう場所。ダイニングキッチンは、そぐわないばかりか調理中の湯気や油煙などでお仏壇を傷めることになります。

 またエアコンや暖房器具の冷風、温風が直接当たる場所は避けましょう。直接当たらない場所であっても冷風、温風をご使用になる場合は、コップに水を入れて置いておくとよいでしょう。

 そして、お参りの面から避けたいのが、襖(ふすま)やドアを開けてすぐの場所や人の出入りの激しい場所。2階などです。こういった場所では、落ち着いてお参りができませんし、2階では、お参りすることがおっくうになります。家族のみなさんが毎日のおつとめや、お参りがし易い場所が望ましいのです。

 あと気をつけていただきたいのが、地震対策です。お仏壇は重量があり、倒れると危険ですので、畳や絨毯(じゅうたん)の上に置く時は安定しているか確認してください。また、転倒防止器具なども効果がありますので、お仏壇店やホームセンターで購入するのもいいでしょう。

 箪笥などの家具の上に置く場合、落下にも注意してください。
 お仏壇は火を扱うので、周りのもの(家具、カーテン、障子、襖、掛軸など)にも注意が必要です。

 設置場所を決める際に「お仏壇と神棚は向かい合わせに祀ってはいけない」といわれますが、それは、片方のお参りをすれば、もう片方に尻を向けることになるからで、そのこと自体が礼儀や作法に反するわけではありません。気になるなら避けたほうがいいでしょう。通常、神棚は南か東向きに祀るのが理想的です。お仏壇はというと、向き、方角ではなく家族団欒の中心になるような場所がよいとされています。

オリジナル仏壇

お客様のニーズに合わせて、サイズ、材質などを組み合わせ、オリジナル仏壇を製作できます。

仏壇のネットショップ

自宅にいながら、便利なネットショップからお仏壇の購入可能です。
ぜひ一度は見に来てください。