仏壇のことわかりやすく解説しています。
仏壇 ガイド

仏壇の購入について

仏壇の買い替えについて

 仏壇が古くなったら、新しい仏壇を買うことになるのですが、買い替えのときにはお寺の住職に頼んで、魂抜きの法要を行います。「魂抜き」(閉魂法要)といいます。魂抜きされたお仏壇は、普通の仏壇に戻り最後には焚き上げをしてもらいます。新しく、仏壇、ご本尊、お位牌を買われたときは「魂入れ」(開眼法要)をしてもらいます。

 お位牌に関しても買い換えることに問題ありません。年月が経つと戒名が薄れてきて読みづらくなったりしてきます。
 手順はお仏壇と同様で、新しいお位牌の依頼(注文)、「魂抜き」をしてから処分(お焚き上げ)、「魂入れ」してお仏壇に安置となります。
 時期的には別にいつでも大丈夫ですが、気になさる方は月の命日や年忌、法要などに合わせるとよいでしょう。

 お仏壇のお洗濯:お仏壇が破損(金箔や塗りの剥げ、虫食い、障子の破れ、傷、欠けなど)したら、そのままにせず修理をしましょう。

 お仏壇の修理は「お洗濯」と呼びます。お洗濯すると、修理だけでなくクリーニングもされるので、見違えるほどキレイになります。お洗濯はお仏壇専門の洗濯業者に依頼することになります。
 修理するほどではないクリーニングを「すす洗い(すす払い)」と言います。薬品で汚れを洗い流す作業と簡単な修復作業になります。

 気になるお洗濯の費用は、そのお仏壇を購入した時とほぼ同じ位の価格が目安と言われています。もちろん、この価格はどこまで修復・復元するかによっても変わってきます。期間は2〜5ヶ月かかります。
 お洗濯後、次のお洗濯が必要になる耐久の目安が30年と言われていますので、場合によっては新しく買い換えた方がよいかもしれません。新品のお仏壇の耐久目安は一般的に50年(取り扱い、設置場所、材質によって変わります)と言われています。
 また、お仏壇によっては、構造上分解修理不能というものも多く(大量生産している安価なものなど)あります。

 お仏壇のお洗濯中に頭を悩ませるものに、お仏壇に安置してある仏様やお位牌をどうするか、です。
最善の方法としては、お寺に相談してあずかってもらうことです。続いて、小さな厨子(ずし)をお仏壇店で購入して安置するという方法もよいでしょう。

オリジナル仏壇

お客様のニーズに合わせて、サイズ、材質などを組み合わせ、オリジナル仏壇を製作できます。

仏壇のネットショップ

自宅にいながら、便利なネットショップからお仏壇の購入可能です。
ぜひ一度は見に来てください。