仏壇のことわかりやすく解説しています。
仏壇 ガイド

仏壇の購入について

仏壇の購入時期

 仏壇を購入する時期は、身内に不幸があったとき(四十九日、死んで次の世界にいくまで)や一回忌を迎えるときに購入する方が多いでしょう。肉親をなくしたとき初めて仏縁に接する方も多いです。また、お盆やお彼岸、年忌法要の際の時期に購入される方も多いです。しかし、必ずしもそれにこだわることはないと思います。7月〜8月の旧盆は購入者の多い時期です。

 一番多い質問の一つに「お仏壇はいつごろ購入するのがいいですか?」と聞かれます。
また、「亡くなった者がいないのに購入したら新仏がでると聞きますが...」というのも多いですね。
新仏がでるというのは、まったくの迷信です。気になさらないでください。

 お仏壇は、【仏壇の必要性】【仏壇のある生活】でもお話したように、お仏壇は単に祈りの象徴である他に、精神的な心の寄りどころ、子供のしつけを果たす役割の場所でもあるのです。
 生死の問題として考えるなら、「別に今買わなくても...」と、先延ばしにしてしまいますが、日常の喜びや悲しみを仏様やご先祖に報告し、導きを得ようとするのであれば、けっして先延ばしにしようとは思わないはずです。お仏壇は人が亡くなってから必要なのではなく、生きている「今」こそ必要なのです。

 お仏壇を購入することは、家を新築することと同じくお祝い事なのです。お仏壇開きの時に祝儀用の「熨斗(のし)」を使うのも、めでたいお祝いをすることからきています。
いつ購入してもいいのですが、お祝い事として昔の人は「吉日」を選んで購入するケースが多いようです。

 なお、お仏壇を新しく購入されたら、「入仏式」「魂入れ」(宗派によって呼び名が違います)を行う必要があります。家の落成式の時に大勢の方を呼んでお祝いするように、「入仏式」もお祝い事ですから親族だけでなく、知人や近所の方々をお呼びして賑やかに行いましょう。

オリジナル仏壇

お客様のニーズに合わせて、サイズ、材質などを組み合わせ、オリジナル仏壇を製作できます。

仏壇のネットショップ

自宅にいながら、便利なネットショップからお仏壇の購入可能です。
ぜひ一度は見に来てください。