仏壇のことわかりやすく解説しています。
仏壇 ガイド

仏壇の材質

桜(さくら)

 日本で一番愛されている桜の木も仏壇の材料として使われています。緻密な木目で狂いも少ないため、家具などでもよく使用されています。

 日本の他、中国、朝鮮にも分布しており、桜と一口に言ってもシウリザクラ、ウワズミザクラなど、実は多数の種類、品種が存在する。さらに私たちが普段目にする観賞用の桜を加えると数百種類とも言われている。

 心材の色は赤褐色、辺材は淡黄褐色ないし黄白色、境界はくっきりしている。
 材質は適度に硬く、強い。木理ほぼ通直、肌目は精、磨くと艶が出る。乾燥にはやや時間を要するが、狂いは少なく、加工は容易。耐久性は高い。

 材質、色調、加工性ともに優れており、高級家具材、造作材、楽器材、器具材、彫刻材など幅広い用途で使用されている。

オリジナル仏壇

お客様のニーズに合わせて、サイズ、材質などを組み合わせ、オリジナル仏壇を製作できます。

仏壇のネットショップ

自宅にいながら、便利なネットショップからお仏壇の購入可能です。
ぜひ一度は見に来てください。