仏壇のことわかりやすく解説しています。
仏壇 ガイド

仏壇の材質

紫檀(したん)

 紫檀も唐木仏壇によく使われる銘木で、堅く、暗赤紫色の鮮やかな色をしています。紫檀はマメ科の常緑広葉樹で南アジアなどで生産されています。三大唐木のひとつとして知られています。ローズウッドなどもシタンとして使用される。長い時間自然乾燥されたりして、手間もかかるが、美しい仕上がりを見せ、さらに虫や菌などに強く、耐朽性は極めて優れるために仏壇に適している。

 紫檀は正倉院御物にある唐木工芸の中で最も多く見られるもので古くから珍重されてきました。

 特徴は赤みを帯びた木肌で赤褐色。濃紫色、黒などの縞模様がある。学名ダルベルギア・コーチンチネンシスを本紫檀と呼ぶ。

チンチャン:手違い紫檀とも言い、本紫檀と似た材料で本紫檀と比較すると経年変化の中で白茶けてくる。

グラナディロ:ココボロとも呼ばれ、紫檀の代用材として用いられる。

オリジナル仏壇

お客様のニーズに合わせて、サイズ、材質などを組み合わせ、オリジナル仏壇を製作できます。

仏壇のネットショップ

自宅にいながら、便利なネットショップからお仏壇の購入可能です。
ぜひ一度は見に来てください。