仏壇のことわかりやすく解説しています。
仏壇 ガイド

仏壇の種類

唐木仏壇の特徴

 唐木仏壇の素材は主に、紫檀材、黒檀材、鉄刃木などがあります。他には、欅、桑、桜なども使用されます。黒檀は黒色で硬い木であり、紫檀は暗紫紅色をしていてこちらも硬い木で優秀材となっています。どちらを選ぶかは部屋の雰囲気に合わせたり、好みによって違ってくると思います。金仏壇のようにきらびやかな装飾ではありませんが、美しい木目を活かした落ち着いた重厚な風合いと格調の高さが特徴です。もちろん彫刻部分は非常に精密で凝ったものになっています。
 いつも清々しくお給仕できる様、掃除のしやすいのも唐木仏壇の特徴でもあります。また、唐木仏壇には、宗派による違いはありません。
 屋久杉を使った仏壇は唐木仏壇の中でも最高級のものとされ、温かみのあるなんとも言えない味わい深さがあります。
 唐木仏壇の歴史は古く江戸時代から100年前までさかのぼることが出来ます。
 産地では東京唐木仏壇、大阪唐木仏壇などが有名で伝統工芸品として指定されています。

唐木(からき)は、黒檀(こくたん)、紫檀(したん)などの日本への輸入銘木全般の総称で、中国から日本に入ってきたことから、「唐からきた木」という意味で「唐木」と総称されるようになったと言われています。黒檀、紫檀などの銘木は貴重で高価なものです。主な産出国は、黒檀はインドネシアを中心とした東南アジア、セイロン。紫檀はタイ、ラオス、ベトナムなどです。

 唐木仏壇と比べて、金仏壇には、蒔絵や金箔、漆塗りなど、日本の伝統工芸の技術が使われております。数としても少なく高価です。そのため、最近では唐木仏壇に注目が集まってきています。
それでも最高級な物では数千万円を超える物もあります。最近はプリント合板で木目を印刷したお手軽価格の物まであります。

 使用されている地域としては、主に関東、東北、北九州を中心に全国で祀られています。

 装飾は非常に凝ったものが多く、例えばお寺の荘厳さを家庭にという配慮から、その内陣に豪華な斗組宮殿を施してあるものや江戸末期の社寺建築の仕様を取り入れた折上格天井を施してあるものなどがあります。

 きれいに研磨された唐木の肌は、塗装されなくとも充分に見栄えしますが、昨今の冷暖房等に影響され易いため、そのほとんどは塗装により被膜されています。
仕上げの塗装方法としては、木地の導管を残さず塗幕を作る方法と、木の導管を残し木肌感を表現する塗装方法に分けられる。
超高級品はすり漆等を施し、生地色塗りなどに仕上げます。

銘木の種類・特徴などは仏壇の材質をご覧ください。

オリジナル仏壇

お客様のニーズに合わせて、サイズ、材質などを組み合わせ、オリジナル仏壇を製作できます。

仏壇のネットショップ

自宅にいながら、便利なネットショップからお仏壇の購入可能です。
ぜひ一度は見に来てください。