仏壇のことわかりやすく解説しています。
仏壇 ガイド

仏壇の購入前に知っておきたいこと

法要の手順

 ここでは法要の手順をご説明したいと思います。
まず、死後7日目に営まれるのが、「初七日」といわれる法要です。初七日は近親者や知人を招いて供養をします。次に、「四十九日」です。この間のことを、”忌中”、”中陰”、”中有”といいます。”忌”とは、己を戒める、”中陰”、”中有”とは地獄とも極楽とも言わぬ中間世界を意味しています。
 それ以降は、各年数によって、各法要が行われます。

法要年表
 名称  初七日  二、七日  三、七日  四、七日  五、七日  四十九日  百か日  一回忌  三回忌  七回忌  十三回忌  十七回忌  二十三回忌  二十七回忌  三十三回忌  三十七回忌  五十回忌 百回忌
 数え方  死後7日目  死後14日目  死後21日目  死後28日目  死後35日目      亡くなった年の翌年  亡くなった年の翌々年  死後6年目  死後12年目  死後16年目 死後22年目  死後26年目  死後32年目  死後36年目  死後49年目  死後99年目
 内容  近親者、知人を招き供養します。  遺族のみで供養します。  近親者、知人を招き、忌明けの供養。これ以降に納骨します。  近親者、知人を招き供養します。 近親者、知人を招き供養します。     一般的にはここで供養を終わることが多いです。  

四十九日

 忌日法要は死後七日ごとに四十九日まで行います。そして四十九日は来世の行き先が決まるもっとも重要な日にあたり、故人の成仏を願い極楽浄土に行けるように法要を営みます。
仏具で気をつけなければいけないのが、葬儀のときの白木の位牌は野辺送りに用いる仮のものですから、四十九日法要までに漆塗りの本位牌を準備します。戒名の文字入れには2週間程かかるので、早めに仏壇・仏具専門店に依頼しておくとよいでしょう。
また本位牌は家のお仏壇に安置しますので、お仏壇のない家は本位牌と同じく四十九日までに準備しておく必要があります。
 葬儀のときの白木の仮位牌は、四十九日法要の時に菩提寺に納め、新しく作った本位牌とお仏壇の仏様(初めてお仏壇を準備された場合のみ)を僧侶にお願いして開眼供養し、魂入れをしていただいてからお仏壇に安置します。

 四十九日のこの日をもって、死者は中有を抜け冥土に向かい「忌明け(きあけ)」となります。法要後、忌明けの会食を開きます。
法要は忌日(きび)の当日に行うのが理想ですが、実際には参列者の都合もあり、なかなか難しいのが現状です。最近は週末に日をずらして行うことが多いようです。法要の日をずらす場合は、遅れてはいけないとされていますので忌日より早めに行いましょう。早めであれば、何曜日でもかまいません。
四十九日は、それまで喪に服していた遺族が日常生活にもどる日でもあります。

お盆・お彼岸

 私たちにごくなじみの深い法要にお盆とお彼岸があります。
 お盆は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」を略したもので、ご先祖や亡くなった人たちが成仏してくれるようにという意味をこめた霊を救うための供養のことです。また、ご先祖や亡くなった人の霊が、一年に一度家に帰って来るといわれており、その霊を迎え供養する期間でもあります。東京では7月13日から7月15日、その他の地方では8月13日から8月15日に行われ、8月のお盆のことを旧盆とか月遅れのお盆ともいいます。お盆の前日には、故人や先祖の霊を迎える準備をします。

 お彼岸は「彼岸会(ひがんえ)」を略したもので、仏教では向こう岸に渡るという意味になります。迷いのこの世、此岸(しがん)から、川の向こうの悟りの世界に渡るために教えを守り、行いを慎むというのが本来の意味です。春分の日と秋分の日のそれぞれを中日(ちゅうにち)とし、前後の三日を合わせた七日間行われ、お彼岸の初日を「彼岸の入り」、最終日を「彼岸の明け」といいます。仏様を尊び、ご先祖を供養します。一般的には家族そろってお墓参りをするのが慣習となっています。

年忌法要

 年忌法要は、年回法要ともいい、一般的に法事と呼ばれているものです。
亡くなった翌年が一周忌、その翌年の2年後が三回忌となります。三回忌からは亡くなった年も含めて数え、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌と追善供養の法要を営みます。一般には三十三回忌か五十回忌をもって、最後の法要の「弔い上げ(とむらいあげ)」とすることが多いようです。

オリジナル仏壇

お客様のニーズに合わせて、サイズ、材質などを組み合わせ、オリジナル仏壇を製作できます。

仏壇のネットショップ

自宅にいながら、便利なネットショップからお仏壇の購入可能です。
ぜひ一度は見に来てください。