仏壇のことわかりやすく解説しています。
仏壇 ガイド

仏壇の購入前に知っておきたいこと

仏壇の開眼法要

 開眼法要(かいげんほうよう)とは「入魂式」「お性根入れ」「魂入れ」とも呼ばれ、仏壇や位牌を新しく造ったり、修復したとき、お墓を建てたときには、僧侶を招いて開眼法要を行います。この儀式をすることによって初めて、単に形のあるものだけであった、木や石が霊験ある尊像に生まれ変わります。こうした、供養のことを、開眼式や開眼供養といいます。新しく仏壇を購入した際は、ご本尊、位牌などに対して開眼供養を行い、祖先を祀ることになるので重要な法要のひとつです。ここで、開眼供養の対象となるのは仏壇や位牌であって、仏壇本体ということではありません。新しい仏壇にたいしては、入仏式というものを行います。 開眼法要は我が家に始めてご本尊を迎え入れる儀式です。そのため、年回法要以上に大切な儀式です。しかし、新しくご本尊を迎え入れて心は豊かになるとしても、現実的には費用の面などで負担が多いことも事実です。ですので、一周忌、三回忌なりに合わせて仏壇を購入し開眼法要と年回を合わせて行うのがよいでしょう。法要の営み方は、宗派によっても異なりますので、菩提寺などに相談されるのがよいでしょう。
例外として浄土真宗では本尊などに魂を込めるという概念が無いため、開眼法要は営まず「御移徙」(ごいし)と呼ばれる慶事の法要を営みます。

 開眼法要の流れは、読経と参列者の焼香です。そして、会食または茶菓子の接待となります。しかし最近は省略することも多くなっています。僧侶へのお礼(お布施)は年忌法要と同額が目安になります。開眼法要とほかの法要をいっしょに営むときは、それぞれ別々のお礼をします。例えば、それが一周忌の法要といっしょの場合は「開眼供養 御布施」と「一周忌御布施」と表書きして包みます。この場合の開眼供養の金額は、一周忌法要の半額程度を目安とします。開眼法要だけをお願いする場合は、年忌法要と同額程度を包み奉書紙を用い、水引をする場合は紅白の結び切りとします。 お祝い事ですから白黒・双銀・藍銀の水引きは使いません。また仏事ですから、熨斗(のし)はつけません。

 参列:参列する際の服装は開眼法要だけであれば黒の略葬服(平装)でも問題ありません。だからと言ってカジュアルにならないよう注意してください。お祝い事ですのでネクタイは白になります。
他の法要、例えば納骨法要が続いてある場合は、礼服とし、開眼法要と納骨法要との間に小休止がありますから、その間にネクタイを黒に取り替えます。小休止の間に、お坊さんも袈裟を着替えます。ろうそくも赤から白に取り替えます。
※ただし、お寺さんによっては小休止がなく通して行う場合も実際ありましたので、事前に確認した方がよろしいでしょう。通す場合は、始めから黒ネクタイが無難です。

オリジナル仏壇

お客様のニーズに合わせて、サイズ、材質などを組み合わせ、オリジナル仏壇を製作できます。

仏壇のネットショップ

自宅にいながら、便利なネットショップからお仏壇の購入可能です。
ぜひ一度は見に来てください。