仏壇のことわかりやすく解説しています。
仏壇 ガイド

仏壇の購入前に知っておきたいこと

仏壇の必要性とは


 仏壇の前に座ると必ず姿勢が正され、自然ときちんとした態度をとります。
それは仏壇は感謝の気持ちを表す場だと考えているからではないでしょうか。私利私欲を願うのではなく、無心で手を合わす。そうすることによって素直な気持ちが生まれ、自然と今日一日を無事に過ごせたことに感謝するのではないでしょうか。懺悔の気持ちを願うこともあるでしょう。もし、親が日常生活でそのように仏壇の前で手を合わせていれば、(父や母が祖先に思いを馳せたり、家族の幸せを願ったり)子供がこれを見て、たとえ難しいことはわからなくても何かを感じ取ってくれるものです。子供の教育にもなります。合掌の姿ほど美しいものはないからです。家の中に仏壇があれば、家族、または一人の人のための心のよりどころとなります。人は何か困難に直面したときや、大切な人を亡くしたとき、寺院などを訪れ手を合わせたいと思います。仏壇とは家のなかにある寺院です。だから、自然に手を合わせてしまうのではないでしょうか。我が家のお寺が、お仏壇なのです。

 現代は唯物主義の時代といわれ、親子や友人、会社の人などとも心の繋がりが希薄になり、心を無視しているように思えます。もちろん、物質がなければ生きてはいけませんし、テクノロジーの進歩は人間を幸福にしてくれることには違いありません。しかし、あまりに心を置き去りにしてしまえば、人間としての基本的な生活も危ぶまれるように思うのです。無宗教と言ったほうが、なんとなく知性的に見えるからでしょうか、最近では仏壇の前で合掌する人が少なくなったように思います。仏壇も物質ではありますが、その前で正座し心を静めて合掌し、亡き先祖、両親、友人、などを偲ぶことによって自身のこころが安らぐのです。たとえ、仏壇がなくても合掌する気持ちが、こころをやわらげるのです。

 お仏壇には仏様とご先祖様がいらっしゃいますが、お仏壇の須弥壇(お仏壇の一番上段)には仏様(ご本尊)が、位牌壇(一段下がった脇のところ)にはご先祖様が安置されています。これに対してお墓には仏様はいらっしゃらず、ご先祖様しかおりません。これは、お仏壇は呼んで字の通り「仏様のお家」でありお位牌壇ではなく、ご先祖のお家はお墓であることを指しております。お仏壇には祈願・信仰・救済があり、三宝(仏・法・僧)の御力でお墓のご先祖様の成仏をお願いするにもやはりお仏壇は必要です。

 身内が亡くなり、法事の為に必要だからお仏壇を入れるのではなく、平時から本来のお仏壇の意味である仏様に心を洗い清めていただけるよう、そしてもしも身内が亡くなられた時は、仏様に亡くなられた方々(ご先祖様)を成仏いただけるよう早めに入れておきたいものです。必要になったから仕方なく。では、仏様、ご先祖様から頂く恩恵も薄れるような気がします。

 お仏壇はご本尊(仏様)をお祀りするところであり、ご先祖様をお祀りするところでもあります。そして、自分自身と家族のために祈願するところとしても必要なのです。

オリジナル仏壇

お客様のニーズに合わせて、サイズ、材質などを組み合わせ、オリジナル仏壇を製作できます。

仏壇のネットショップ

自宅にいながら、便利なネットショップからお仏壇の購入可能です。
ぜひ一度は見に来てください。